雰囲気作りにFSLiving テーブルランプ レビュー【オシャレは照明から】

デスクおしゃれ化計画を実行中のたくぼーです。

今回、買ってみたのはFSLivingのテーブルランプ。

僕はデスクを映えさせるために購入しましたが夜、寝室に置いてちょっと本を読んだりするときの明かりとしても使えるオシャレなランプ。

本体はヴィンテージ感があり、これにエジソン電球をつければ幻想的な雰囲気がお手軽に作り出せませす。

そんな安くてオシャレなFSLivingのテーブルランプを使ってみたのでテーブルランプを探している、気になっている方は参考にしてみてください。

目次

FSLiving テーブルランプの外観

FSLiving テーブルランプはリビングやデスク、寝室などにおけるランプです。

直径は約9cm。高さは約8cmと、小さいながらもそこそこの存在感があります。

見た目は錆加工のようなものがされており、値段に対する安っぽさはなく、ヴィンテージ感を演出してくれています。

錆びの部分は黄色に近い金色の塗装。

口径は口金E26電球対応でワット数:は60ワットまでのものに対応しています。

スタンドの裏はこんな感じ。

最初滑り止めかなと思ったんですが、全然滑るので違ったみたいです。

重さはエジソン電球をつけた状態で約642g。

エジソン電球は約44gなので本体だけで600gほどの重さがあり、持ってみると重量感を感じます。

いくつかケーブルに種類があり、今回購入したのは茶色コードのもの。

ケーブルの長さは約1.8m。ケーブル幅は約5mmでした。

ケーブルの中間辺りには調光スイッチがついており、スタンドの調光スイッチまでの長さは約85cm。調光スイッチからコンセントまでは約80cmほどの長さがありました。

調光スイッチはつまみで調節するタイプ。回してみたところ、問題なく、調節ができました。

ただ少しOFFからONにするまでが割と固め。

電気を消すときはOFFになるときカチっと音が鳴るようになっています。

別途エジソン電球が必要

FSLivingのテーブルランプはあくまでスタンドのみの販売。

照明として使うにはランプが必要になります。

そこで僕が購入したランプはKINGSOのエジソン電球60W。

材質はガラス。サイズは直径6.4cm×高さ13.8cm 定格寿命:3000時間となっています。

購入した理由はうっとりするほどキレイな味わいのある光。

LEDライトのはない温かみのある光でデスクを照らしてくれます。

ただしガラス製品なので取り扱いには気を付けてください。

光度調節で映える

FSLivingのテーブルランプ結構な光の調節が可能です。

最大にすると周囲の物も余裕

手元を明るくしたい、本を読むときなどは光度をMAXにするとこれぐらいの明るさに。

とてもきれい

逆に光度を限界まで下げるとエジソン電球の幻想的な光を堪能できます。

デスクトップやスマホの待ち受けなどに使えそうなぐらい映えてますね。

FSLiving テーブルランプ レビュー|お手軽にオシャレな空間を作り出せる

評価:3.5 

Good

  • ヴィンテージ感があるのでオシャレな雰囲気が簡単に作れる。
  • うっとりするエジソン電球の光
  • 調光スイッチがあるので好きな明るさに調節できる

Bad

  • 調光スイッチがスタンドから遠い
  • 調光スイッチのOFFからONにするつまみ部分が固い

置くだけで雰囲気作りができるFSLivingのテーブルランプをレビューしてみました。

上にもまとめてますが、主に調光スイッチ部分が残念だなと感じるところが多かったです。

調光スイッチがスタンド部分から遠いのは、使う環境によって便利不便が決まるので難しいところですね。

反対に本体のスタンド部分にこれといった不満点はなく、見た目や質感に関してはとてもいいなと感じました。

本体が重いのもテーブルランプ自体頻繁に動かすものでもないですし、ちょっと当たってしまっても動くことは少ないです。

以上、雰囲気作りにFSLiving テーブルランプ レビュー【オシャレは照明から】でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる