【Anker Magnetic Cable Holder レビュー】めんどくさがり屋でも簡単ケーブル整理

スマホなどを充電するときにごちゃごちゃになってるケーブルの中から探し出したりするのって日々の中でちょっとしたストレスですよね。

iPhoneならライトニング、Androidやその他の機器を充電するときはUSB-CやUSB-A、micro USBなどケーブル類も様々。

でもごちゃごちゃになりがちなケーブル類が決まった場所に取り出しやすい形でまとまっていたら楽ですよね。

そんな悩みを解決してくれるアイテムがAnkerから発売しているMagnetic Cable Holder。

ごちゃにごちゃ
ケーブルがスッキリ

設置方法も好きな場所にくっつけるだけで簡単で、机の上をスッキリ。

僕みたいに、めんどくさがってケーブル類をほかっといてしまう方や必要なときに絡まっていて、ほどくのが手間だと感じてる人にオススメな製品です。

目次

配線整理グッズ「Anker Magnetic Cable Holder」の見た目

AnkerのMagnetic Cable Holderは、その名の通りケーブルをまとめるためのホルダー。

好きな場所に取り付け可能なベース部分とマグネットクリップとの構成になっており、カラーは紺色のみ。

先にベース部分を見ていくと主張しすぎない程度でAnkerのロゴが書かれており、マグネットクリップを置くための溝が5つ。

サイズは縦4.2cm横8.9cm厚み9mm。

裏面を見てみると接着可能な磁石がついています。

購入時はシートがついているので磁力がないところに設置する場合は剥がしておきましょう。

ちなみに粘着力はとても強いため、机の上に設置するだけではなく、天板の裏や側面など好きな場所に取り付け可能です。

繰り返して利用することも可能で、設置場所を変えたいときは接着面を水で洗い流し、自然乾燥することで再度接着可能。

思ったところに配置できなくても簡単に再設置が可能なのは嬉しいですね。

側面にも簡単にくっつく

剥がしたときに後が残ったりはしないので安心してください。

また磁力もかなり強力

机の脚部分など磁石が反応する部分ならくっつきます。

デスクトップパソコンを使っている人なら、そこにくっつけたりするのもいいかもしれませんね。

マグネットクリップの裏面には鉄片がついており、ボードの磁石に置くだけでくっついてくれるので使い終わったケーブルを元の位置に戻すのも簡単にできます。

クリップ部分は磁石じゃないので好きな場所に取り付けられると勘違いしないよう気を付けてください。

マグネットクリップのサイズは縦1.6cm横1.1cm、厚さは1cm。

ケーブルを挟み込む溝があるのでそこに押し込めば取り付けることができます。

取り付け可能なケーブルの太さは公式では直径3.5mm以下のケーブルのみと表記されていますが約4mmのAnker PowerLine Ⅲ Flowでも取り付けができました。

ただし結構ギリギリな感じなのでHDMIやDisplayPortケーブルなどの太目のものに使うのは厳しいでしょう。

「Anker Magnetic Cable Holder」の使用感をレビュー

実は僕自身こういったケーブルホルダーは初めて。

使ってみた感想としては「マグネット式」の便利さを痛感しました。

「Anker Magnetic Cable Holder」の良いところ

他のケーブルホルダーを見てみるとベース部分に溝があってそこにケーブルをはめ込むのがほとんど。

それに対し「マグネット式」だとベース部分にケーブル類を近づけるだけでいいからとても楽ちん。

磁力は充分

他にもマグネット式のケーブルホルダーは発売されていますがレビューを見てみると磁力が弱いなどの評価がありますが「Anker Magnetic Cable Holder」では磁力の弱さを感じることはありませんでした。

今までケーブルを使い終わったらその辺にほかっていた、めんどくさがり屋な僕でも整理整頓を手助けしてくれるアイテムです。

「Anker Magnetic Cable Holder」イマイチなところ

使っていて1番イマイチだと感じたところはシリコン製だからなのかやたらとホコリがついてしまうところ。

どんな製品でも長く置いておけばホコリはついてしまいますが、プラスチックや金属であれば拭き取るだけでホコリが取り除けます。

それに対し、「Anker Magnetic Cable Holder」はシリコン製なので拭いてもホコリは落ちません。水洗いすればキレイにできますが、正直めんどくさい。

他にはクリップに鉄片ではなく磁石が付いてほしかった点です。磁石であればケーブルのみを好きな場所に取り付けることができるからですね。

といっても「Anker Magnetic Cable Holder」のベース部分の吸着性・磁力はそれなりに強力なので好きな場所に簡単取り付けができるので、あったら良かったなと思うレベル。

Anker Magnetic Cable Holder レビュー まとめ

評価:4 

Good

  • ケーブル類を好きな場所に配置することができる
  • 磁力が強いからホルダーから外れにくい

Bad

  • カラーがブルーのみ
  • ホコリがつきやすい
  • クリップ部分に磁石が欲しかった

机の上がキレイな人に共通することは、物が整理されているか物が出ていないかだと思うんですよね。

ただ物を一切置かないようにしてしまうと利便性の面でイマイチ。

「Anker Magnetic Cable Holder」はカラーが1色しかないので机の色とマッチするか微妙な場合もありますが、ケーブル類の整理・取り出しやすさの利便性は抜群。

もし、自分のデスクと色合いが合わなくてもベースには優れた吸着力があるのでデスクの側面に設置したりと目立たないようにする工夫が可能。

配線整理目的・デスク環境を快適にしたいと考えている僕にとって、後悔しない便利さが「Anker Magnetic Cable Holder」にはありました。

以上、【Anker Magnetic Cable Holder レビュー】めんどくさがり屋でも簡単ケーブル整理でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる