Gadget

【FILCOリストレスト マカロン レビュー】最高の触り心地でタイピングができる

 

どうも。デスク周りオシャレ化計画を実行中のたくぼー(@takubo_blog)です。

 

僕はブログをやっているので1日で2000文字以上タイピングする機会があるんですが手首辺りがこすれてちょっと痛くなるんですよね。

それを解消するために購入したのがFILCOのリストレスト。

 

 

高級感があるデザインとは言えませんが安っぽい見た目でもなく、主な購入目的であったタイピング時の手首辺りの痛み解消、タイピングのしやすさは見事解決。

僕と同じような悩みを持っていたり、快適なタイピング環境を整えたいと考えてる方に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

FILCOのリストレスト “マカロン"の見た目

FILCOのリストレスト、マカロンは専用の段ボールケースに入って届きました。

中を開けてみると本体は白い緩衝材に包まれて梱包されています。

全体像はこんな感じ。ちなみに安心と信頼の日本製。

購入したカラーはアッシュ。

公式サイトより引用

カラーは他にシナモン、パパイヤ、フォレスト、ラベンダー、レイニーの計6色展開。

右上にはFILCOと書かれたロゴが入っています。

Amazonの販売ページ(旧型)

 

ちなみにロゴは新しくなっており、左下にロゴが入っている旧型だと何度もタイピング中に手が触れ、剥がれるというレビューがいくつかあったので改善するために移動したのかなと思いました。

 

表面を見てみるとキメ細かいスポンジのような見た目になっており、ウルトラスエードという超極細繊維の人口皮革で作られている。

実際に手や肌が触れる部分なので非常に触り心地はよく、何度でもスリスリしたくなるような柔らかい感触。

サイズについて

サイズは高さが12mmと17mm2種類、奥行きは全サイズ共通の80mmとなっています。

横幅は3種類あり、自身の使っているキーボードに合うものを選びましょう。

Sサイズ 305mm コンパクトキーボード
Mサイズ 365mm テンキーレスキーボード
Lサイズ 445mm フルサイズキーボード

選ぶサイズによって数百円程度値段が変わります。

 

リストレストを押してみると見た目に反して意外に硬く、指でそれなりの力で押せば沈みはしますが面で押すとほとんど凹まないレベル。

裏面を見てみると滑り止め加工が。

ただリストレストを置く机の材質やデスクマットなどを相性によって滑りやすさが変わってきます。

 

FILCOのリストレスト レビュー

使ってみた感想をポイントにまとめてみました。

サラサラとした手触りがクセになる

本当にサラサラ。

実際に購入してもらうか置いてある店頭に行ってもうしか伝わらないのがもどかしいですが、手触りはめちゃくちゃいいです。

逆に手触りが悪いパームレストは最悪ですよね。

キーボードを打つたびに触れるので触り心地が悪いのは使ってられるかとなります。

その点FILCOの製品はずっと触っていたいと思える手触りでした。

 

リストレストは意外にも偉大

正直、このFILCOのマカロンを買うまでほとんどリストレスト(パームレスト)は使ってこなかったんですよね。

そんなに必要がないかなと思って買う事がなかったんです。

ただ今回使ってみてその認識が変わりました。

今この記事もリストレストを使って書いているのですが、そこまで疲れることなくタイピングができています。

どうせなら快適に作業ができる方がいいに決まっているので買ってよかったなと思いました。

 

高さ選びは慎重に

僕が買った厚みは厚型タイプの高さ17mm。

高さに慣れてきたので今は気になってませんが、最初は高いなと感じました。

ですので、しっかり自身の使っているキーボードや好みで高さを選ぶようにしましょう。

ちなみに使っているキーボードはRazer BlackWidow Lite JPで手前の高さはキー含め3.3cmほどです。

 

材質によって滑り止めが効かない

僕はWIMAXのデスクマットを使っているのですが素材の相性が悪いのかFILCOのマカロンの滑り止めはほとんど効きませんでした。

横から押してみると簡単に動いてしまうのです。

ちょっと残念だなと思いましたが、横方向からの荷重に弱いだけで、上や斜めといったタイピングするときにかかる重さの方向には滑ることは少ないことに気付きました。

タイピング中に動くことはないので問題視することではないと思うのですが、ちょっと気になりました。

 

迷うならFILCOのリストレストはオススメ

評価:4

Good

  • 手触り最高
  • タイピングが楽になる
  • 求めやすい価格

Bad

  • 滑り止めは相性によっては弱い

滑り止めが弱い部分はあるものの、タイピング中にずれなければ問題はないので、その点含め初めて買ってみたパームレストとしてリピートしてもいいかなと思えた商品でした。

価格もサイズによっては2,000円を切る値段なので僕と同じ初めてパームレストを買ってみたいという人でも試しやすい値段なのかなと思います。

タイピングがしやすくなるFILCOのマカロン。その手触りを体感してみてください。

 


以上、【FILCOリストレスト マカロン レビュー】最高の触り心地でタイピングができる。でした。

スポンサーリンク

-Gadget

Copyright© たくブログ , 2021 All Rights Reserved.