MagSafe対応マグネット内蔵Spigenのマッグ・アーマー|iPhone12用のケースレビュー

先日、MagSafeを活かしたスマホスタンド「MOFT X」を購入したところ磁力が弱くiPhone12に装着してみたところ安定しませんでした。

そこでマグネットを内蔵しているスマホカバーを探してみたところ〇印が書かれて値段も高くデザインが台無しなスマホカバーばかり。

▲クリアケースだと特に目立ちます

たくぼー
主張が強すぎてちょっと嫌かな

そんな中、「Spigen」からでているカバーが黒を基調としたデザインでカッコよく、MagSafe対応製品にある〇印がない、価格も手ごろと購入してみることに。

デザインの良さに加え、ケースの磁力も強く、しっかりMagSafe対応製品が使えたので僕と同じようなスマホケースを探している人は候補に入るのではないでしょうか。

目次

Spigen マッグ・アーマーの外観

Spigenマッグ・アーマーは5.4、6.1、6.7インチの3種類のサイズがあり、iPhone12シリーズすべてに対応。カラーは黒のみ。

ケースの外側は、斜めの線が入っているだけのシンプルなデザイン。

下の部分はロゴが書かれており、質感はサラサラとした手触り。

ケースの内側にはマグネットが内蔵してありその上にMagSafeシステム対応を示す円形が書かれているシートで覆っています。

▲構造はこんな感じ

サイドの質感は少しザラザラしているので手との摩擦が生まれ、滑りづらくなるよう設計されています。

サイドボタンの大きさはiPhone12とほぼ同サイズ。

下側のLightningケーブルの差込口部分のサイズは縦9mm、横12mm大きく、充電ケーブルが挿しづらいことはないですね。

角には空気の層で衝撃を軽減する「エアクッション・テクノロジー」が採用されています。

その代わり、ストラップホールはケースにないので諦めるか、自分でケースに穴を空ける必要があります。

ケース単体39g
iPhone12装着時203g

本体の重量は約39gとマグネットを内蔵しているためか一般のスマホケースと比べると比較的重め。

iPhone12装着時は203gなので軽くないと嫌な方には向いていないかも。ただそこまで気になるレベルではないです。

iPhone12を装着した状態の外観

Spigenのマッグ・アーマーをiPhone12に装着してみました。

画面に保護フィルムを貼っている状態でもマッグ・アーマーのケース部分の方が高いため落としてしまっても画面に傷がつかないようになっています。

サイドのボタンの反応も良好で押しやすく、消音スイッチ部分の穴は大きいので男性の親指でもスイッチの切り替えができます。

また、MagSafe対応製品なだけあってケースをつけた状態でもきちんとワイヤレス充電をすることができました。

マグネットの磁力

▲「MOFT X」を持ち上げて強く振らなければ落ちる心配もなさそう

マグネットの磁力もそこそこあるのでMagSafe充電器や周辺アクセサリーを付けてもよほど無理な動きをしない限り、くっついてくれるレベル。


デザイン、MagSafe、耐久どれも不満なしなマッグ・アーマー

結論を先に言うと僕が求めているものはすべて揃っていて満足できました。

ただ、今まで比較的軽いスマホケースを使っていた方にはマグネットが内蔵している分少し重いと感じる部分があります。

と言っても軽いケースと比べた場合なので手帳型ケースなどから乗り換える方には軽くなったと感じる程度の重さ。

見た目の高級感も高く、角に加工されている「エアクッション・テクノロジー」の機能もあるので落としたときの衝撃吸収にも期待が持てます。


以上、【レビュー】Spigenマッグ・アーマーMagSafe対応マグネット内蔵iPhone12用のケースでした。

あわせて読みたい
TORRAS製のiPhone 12/12 Pro用ケース3選。実際に1週間使って思ったこと【レビュー】 日本人のスマホ利用者のうち、約6割の人はiPhoneを持っています。 iPhoneと魅力と言えば色々ありますが、ケース1つで見た目を簡単に変えられるのも魅力的ですよね。 他...
あわせて読みたい
iPhoneのホーム画面をオシャレにカッコよくカスタマイズする方法 簡単でわかりやすい操作性、サクサク動くアプリ、高いブランド力とiPhoneを使っているユーザーは多いはず。 年々スペックやカメラの性能などが上がってきましたが代わり...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる